バンクーバーでのオーソモレキュラー医学会に出席して
0
        にしだ眼科事務長  英国ITEC Beauty Therapist
                                           IVC研究会 メディカルディレクター


    《オーソモレキュラー療法》
    ノーベル賞を2度受賞したアメリカのライナス・ポーリング博士は1968年に
    科学誌サイエンスで、「体の中に自然に存在する物質(ビタミン、ミネラル、
    アミノ酸など)を分子レベルで最適な量を投与して病気の予防と治療をする」
    という意味のオーソモレキュラー療法を提唱しました。


    第43回 国際オーソモレキュラー医学会 学術会
     オーソモレキュラー医学会が2014年4月25日〜27日にカナダの
     バンクーバーで開催されたので出席して来ました。



     バンクーバー

       

      その中で興味深かったご講演

    ◎ 「老化する脳:子宮内で及ばす幼児期の栄養が
       その後の神経認知に及ぼす影響」  Aileen Burford - Mason Ph.D.

     ※妊娠中の母親の食品摂取内容は、その後の子供のIQを高くするか、
     低くするかに強く影響する。

    ※推奨する食品:栄養
     ・果物、野菜
     ・砂糖は少量か、もしくは採らない。
     ・毎食、良質の脂肪を採る。
      魚の脂肪、ナッツ、種子、等。
      1日に1~3個の卵を採る。
     ・毎食に、タンパク質を110グラムから170グラム採る。


     … という、これから妊娠してお母さんになられる女性には
     大変興味深く、実践して欲しい内容でした。


    ◎ 「アルツハイマー型認知症の原因と予防」 Patrick Holford Ph.D.

      ※脳の委縮
      ・正常な脳で、 1年に0.5%
      ・軽度の認知症で、1年に1%
      ・アルツハイマー患者で、1年に2.5%の縮小率


     ※非遺伝子的リスク(原因)
      ・高ホモシステイン血症
      ・肥満
      ・喫煙
      ・高コレステロール
      ・高血圧
      ・運動不足 etc.

      ※ホモシステイン値を下げるためにすべき7条件
      ・緑黄色野菜、種子、ナッツ、豆類、葉酸(レバー、鰻、枝豆等)
      ・魚、卵、ビタミンB12(しじみ、あさり)
      ・デカフェの珈琲
      ・過度のアルコールは止める
      ・ストレスの無い生活
      ・禁煙
      ・毎日、ホモシステイン値を下げるサプリメントを採る



      諸先生のご講演から学ぶ事は、健康な生活はまず身近な
      自分達が出来ることから始め、病気にならない様に
      予防をすることが1番大切、ということです。

      

               




     
    posted by: にしだ眼科 | - | 16:12 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    この記事のトラックバックURL
    http://nishidaeye.jugem.jp/trackback/36
    トラックバック